CATEGORY

匠スペシャリテ

  • 2020年9月9日
  • 2020年9月9日

寿し久保
新いかにぎり

墨いかの子供である新いかは体長5センチ。1杯で一貫。 舌の上を滑るようになめらかな食感。赤酢シャリ、煮切り醬油とのバランスが良く新いかの甘みを一層引き立てる。 「この時期しか食べられない江戸前鮨のネタ […]

  • 2020年8月18日
  • 2020年8月18日

Bar織田
THE GLENLIVET18年ストレートスタイル

Bar織田ではグレンリベットを少し違った方法でお出ししているという。 先ずはストレートで楽しむ。 次にロックグラスに移して氷の溶け具合を楽しむ。 空になったストレートグラスに蓋をして中に残った香りを楽 […]

  • 2020年7月19日
  • 2020年8月5日

♪Close to you♪
Jazz Bar Indigo Blue

“Close to you” (邦題「遥かなる影」) 愛する人のそばにいられる幸せと愛する人がどれほど魅力的かを唄った曲。 ジャズアレンジによる抑揚とメリハリの良さが主人公の想 […]

  • 2020年7月17日
  • 2020年8月5日

前菜
器楽Dining π

個性的な信楽焼の器に魅了される品々。 バイ貝が海に浮かんでるかのような小皿。 国産鰻を乗せた器は岩のようにずっしりと、手にするものを感動させる。 長時間練られ、ごまの風味が特徴的な自家製味噌の加茂茄子 […]

  • 2020年6月29日
  • 2020年7月19日

蒸し鮑
鮓ゆうじろう

コースの中盤に出て来たのは蒸し鮑。 柔らかく、噛めば噛むほど旨みが溢れ出す。 鮑を引き立たせるのが、濃厚でクリーミーな鮑の肝ソース。 残ったソースに赤酢シャリを入れれば、極上のリゾットに。 鮓ゆうじろ […]

  • 2020年6月20日
  • 2020年7月19日

魚庭(なにわ)
北新地 弧柳

なつはぜ・水木が飾られた大きな器は初夏の瑞々しさが感じられる。 器の中央には鮮度にこだわり 厳選された関いさき北海道産の天然黒まぐろは 醤油づけの卵黄と共に白ずいきの上には このこを炙ったまながつお […]

  • 2020年6月15日
  • 2020年7月19日

比内地鶏のつくね
焼鳥 市松

粗挽きの肉をペースト状にした肉で繋ぐ。 厳選した比内地鶏の肉だけで作られたつくね。 味付けは素材の良さを引き出す塩のみで十分。 串に使う野生の楠の枝は殺菌作用と香りをもたらす。 焼鳥は原始人が狩りで獲 […]

  • 2020年6月15日
  • 2020年7月19日

和牛白タンのこぶ締めにぎり
きっしゃん永楽町 松

料理のこだわりポイントは低温度調理、57度。 柔らかくて旨味が出る。 60度超えると縮んで固くなるんです。 人参、レモンを冷凍にして、蝶々は南瓜を料理長が包丁を入れて作られる。 かわいらしいきゅうりは […]

>