CATEGORY

匠スペシャリテ

  • 2022年5月18日
  • 2022年5月18日

穴子のにぎり
すし みさわ

「うち来たらこの穴子食べてほしい」 と笑顔の三澤店主。 生きた穴子を仕入れて店内で割く。 秘伝の煮汁で時間をかけて炊きあげられた穴子は小骨まで柔らかい。 注文が入れば穴子に笹をかぶせて焼き台で蒸し焼き […]

  • 2022年5月17日
  • 2022年5月18日

淡海地鶏のすき焼き
北新地しえん

淡白で柔らかい肉質と濃厚で上品な脂を持つ滋賀県の淡海地鶏。 その旨味と食感をすき焼きで楽しむ。 合わせる野菜は玉ねぎ、白ネギ、青ネギ、そして牛蒡。 シャキシャキした食感がアクセントの牛蒡は淡海地鶏との […]

  • 2022年5月16日
  • 2022年5月17日

連麻辣湯
bar連

鶏肉、水餃子、イカ団子、きくらげ、しめじなどママの厳選具材がたっぷり。 じっくり煮込んだ鶏のスープに数十種類の薬膳スパイスを配合。 花椒の痺れる辛さ、にんにく、パクチーとのハーモニー。 麺は、ヘルシー […]

  • 2022年5月15日
  • 2022年5月15日

こはだにぎり
鮨処 写楽 大阪北第一店

本文内容 江戸前鮨の代名詞こはだ。秋のこはだは1匹でにぎり一貫分。 こだわるのは、こはだの旨みと酢の酸味のバランス。優しく握られたシャリとしっとり柔らかな身のこはだが調和し口中に広がり解けていく。 「 […]

  • 2022年5月14日
  • 2022年5月14日

つやま和牛炭火焼きサーロインステーキ
名門匠

つやま和牛は全国の黒毛和牛のルーツと言われている。岡山県津山市で生まれ、澄んだ空気、清涼な水といった津山独自の気候の中で28か月以上育った雌の牛だけが出荷される。生産されている量は大変少なく、月に数頭 […]

  • 2022年5月12日
  • 2022年5月14日

前菜
器楽Dining π

個性的な信楽焼の器に魅了される品々。 バイ貝が海に浮かんでるかのような小皿。 国産鰻を乗せた器は岩のようにずっしりと、手にするものを感動させる。 長時間練られ、ごまの風味が特徴的な自家製味噌の加茂茄子 […]

  • 2022年5月11日
  • 2022年5月11日

比内地鶏のつくね
焼鳥 市松

粗挽きの肉をペースト状にした肉で繋ぐ。 厳選した比内地鶏の肉だけで作られたつくね。 味付けは素材の良さを引き出す塩のみで十分。 串に使う野生の楠の枝は殺菌作用と香りをもたらす。 焼鳥は原始人が狩りで獲 […]

  • 2022年5月7日
  • 2022年5月7日

牛舌のかき餅揚げカレー風味あんかけ
弧柳 継心

和牛の牛舌の表面を軽く焼き、米の研ぎ汁で煮込むこと1時間。 柔らかくなり臭みが取れたら鰹出汁でじっくり2時間煮込む。 最後にかき餅の衣を纏わせ揚げ 煮込んだ出汁にカレー粉のアクセントを利かせた餡をかけ […]

>