CATEGORY

匠スペシャリテ

  • 2021年2月28日
  • 2021年2月28日

つやま和牛炭火焼きサーロインステーキ
名門匠

つやま和牛は全国の黒毛和牛のルーツと言われている。岡山県津山市で生まれ、澄んだ空気、清涼な水といった津山独自の気候の中で28か月以上育った雌の牛だけが出荷される。生産されている量は大変少なく、月に数頭 […]

  • 2021年2月27日
  • 2021年2月27日

蒸し鮑
鮓ゆうじろう

コースの中盤に出て来たのは蒸し鮑。 柔らかく、噛めば噛むほど旨みが溢れ出す。 鮑を引き立たせるのが、濃厚でクリーミーな鮑の肝ソース。 残ったソースに赤酢シャリを入れれば、極上のリゾットに。 鮓ゆうじろ […]

  • 2021年2月26日
  • 2021年2月26日

ハイドレンジア
BAR 荻窪

店内に軽快なハードシェイクの音を響かせ荻窪マスターが表現したのはハイドレンジア(紫陽花) ジン・ヒプノティック・日本酒をベースとしフルーティーで甘くてさっぱりとした飲み口。 今の季節にぴったりの荻窪オ […]

  • 2021年2月23日
  • 2021年2月23日

淡海地鶏のすき焼き
北新地しえん

淡白で柔らかい肉質と濃厚で上品な脂を持つ滋賀県の淡海地鶏。 その旨味と食感をすき焼きで楽しむ。 合わせる野菜は玉ねぎ、白ネギ、青ネギ、そして牛蒡。 シャキシャキした食感がアクセントの牛蒡は淡海地鶏との […]

  • 2021年2月21日
  • 2021年2月21日

前菜
器楽Dining π

個性的な信楽焼の器に魅了される品々。 バイ貝が海に浮かんでるかのような小皿。 国産鰻を乗せた器は岩のようにずっしりと、手にするものを感動させる。 長時間練られ、ごまの風味が特徴的な自家製味噌の加茂茄子 […]

  • 2021年2月20日
  • 2021年2月22日

比内地鶏のつくね
焼鳥 市松

粗挽きの肉をペースト状にした肉で繋ぐ。 厳選した比内地鶏の肉だけで作られたつくね。 味付けは素材の良さを引き出す塩のみで十分。 串に使う野生の楠の枝は殺菌作用と香りをもたらす。 焼鳥は原始人が狩りで獲 […]

  • 2021年2月13日
  • 2021年2月18日

モヒート
THE BAR OSAKA

かの文豪、アーネスト・ヘミングウェイが愛したカクテル「モヒート」。 発祥の地、暑いキューバでは昼から楽しむものだとか。 ラム酒にレモンを絞り、サトウキビのシロップを加える。 決め手はやはりミント。 爽 […]

  • 2021年2月4日
  • 2021年2月9日

雲丹丼
寿し処 英

コースの一品で出てきたのは雲丹丼 「今日は濃厚でコクのある北海道のバフンウニです」 季節によって淡路の由良、五島の赤雲丹も使う。3日間醤油に漬けた卵黄を、魚醤も一緒にシャリにからめる。ねばりのあるシャ […]

>