TAG

日本料理

  • 2021年9月24日
  • 2021年9月24日

ばらちらし
お料理 ふじ原

時間をかけて仕込んだ穴子は骨まで楽しめるやわらかさ。 黒酢と赤酢をブレンドしたシャリと季節で変わる具材が穴子本来の旨みを引き立てる。 「今日はシャリの量どうしましょう?」 コース料理の〆にお好みの量を […]

  • 2021年9月24日
  • 2021年9月24日

お料理 ふじ原 藤原英典店主

匠とは どうすれば素材の良さを引き立たせることができるか どうすればお客様に喜んで食べて頂けるか ひたすら素材と向き合い 思い至る限りの可能性を 自分の舌で確かめる この世に料理として生み出す力こそが […]

  • 2021年9月17日
  • 2021年9月17日

フカヒレの姿煮
割烹 たか美

静岡産のフカヒレ。尾びれは厚くて食べごたえがある。仕込みに2日間。醤油ベースの味を含ませたふかひれの表面を軽く焼き外はパリッと香ばしく、中はプリっと柔らかく。 昆布と鰹のだしで作った餡に、身も心もあた […]

  • 2021年9月17日
  • 2021年9月17日

割烹 たか美 高見慎平店主

匠とは 努力と継続。 日々の積み重ねが高見を匠にする これが私の信念 良い食材、美味しさを追求する姿勢は 料理人なら皆命がけ 自らの命を削り生み出す料理 召し上がるお客様に私の個性が染みわたり 「高見 […]

  • 2021年9月14日
  • 2021年9月14日

日本料理なかむら 中村博幸店主

匠とは 常に最高の状態で最高の料理を出す 味も、仕上がりも、常に最高で同じであること むらを出さない お客様が美味しいと感じ、人を連れてきたときに 「前と違っているね」と言われないよう 日々積み重ね […]

  • 2021年9月13日
  • 2021年9月13日

名門匠 吉田健太料理長

匠とは 一つのことを突き詰められる人しかし突き詰めた先に「終わり」はなく常により良いものを追い求める 魚屋、八百屋、陶芸家、包丁研ぎ職人…沢山の匠との繋がりが刺激となりまだ見ぬ「ゴール」への原動力とな […]

  • 2021年8月24日
  • 2021年8月25日

前菜
器楽Dining π

個性的な信楽焼の器に魅了される品々。 バイ貝が海に浮かんでるかのような小皿。 国産鰻を乗せた器は岩のようにずっしりと、手にするものを感動させる。 長時間練られ、ごまの風味が特徴的な自家製味噌の加茂茄子 […]

  • 2021年8月24日
  • 2021年8月25日

器楽Dining π 野村幸代ママ

匠とは 料理を載せた瞬間 器は料理になる 載せたい料理をイメージして器を選ぶこともあれば 器に合わせて料理を作ることもある 私にとってはどちらも料理 お店にいらっしゃったお客様全員を 特別扱いして喜ん […]

>