TAG

寿司の匠

  • 2021年10月18日
  • 2021年10月18日

こはだにぎり
鮨処 写楽 大阪北第一店

本文内容 江戸前鮨の代名詞こはだ。秋のこはだは1匹でにぎり一貫分。 こだわるのは、こはだの旨みと酢の酸味のバランス。優しく握られたシャリとしっとり柔らかな身のこはだが調和し口中に広がり解けていく。 「 […]

  • 2021年10月12日
  • 2021年10月12日

蒸し鮑
鮓ゆうじろう

コースの中盤に出て来たのは蒸し鮑。 柔らかく、噛めば噛むほど旨みが溢れ出す。 鮑を引き立たせるのが、濃厚でクリーミーな鮑の肝ソース。 残ったソースに赤酢シャリを入れれば、極上のリゾットに。 鮓ゆうじろ […]

  • 2021年10月12日
  • 2021年10月12日

鮓ゆうじろう 徳田祐二店主

匠とは 自分に妥協しないこと。 常に自分は通過点にあって まだ見ぬ完成へと向かっている。 日々手の感覚、握り具合を確かめ 今日はいつもより上手くいった まだまだだなと振り返り 新しいことに挑戦しながら […]

  • 2021年9月22日
  • 2021年9月22日

秀島 秀島 勝典大将

匠とは 盤石な基礎積み重ねた経験そのもの 基礎や経験の裏打ちが所謂「ばえる」料理や変わり種までも地に足ついたものにする 食材の四季折々状態の変化を目で見て、手で触れ、味見して魚がどういう状態になれば一 […]

  • 2021年9月21日
  • 2021年9月21日

寿し処 英 林 英則 店主

匠とは ときに新しいものを取り入れて飽きないようにお愉しみ頂く。 お客様には形式ばった高級感や堅苦しさを感じることなく ゆったりと時間と空間を体験いただきたい。 その為の確固たる基本の積み重ねと忠実さ […]

  • 2021年8月11日
  • 2021年8月11日

鮨 葵 稲田潤大将

匠とは お客様が肩肘張らずに楽しく美味しく料理を味わって頂きたい 店の誰か一人が「匠」というわけでなく北新地という場所、店構え、食材ホール、寿司職人、全て揃ったところでお客様が美味しい、楽しいと感じる […]

  • 2021年7月12日
  • 2021年8月17日

すし みさわ 三澤孝行店主

匠とは こだわりの集まり ―技術にこだわり、食にこだわり、人のご縁にこだわり… 私の人生そのものが寿司の道 生まれたときから寿司があった 自分の人生だったら みなさんも色々こだわるでしょう? 父が寿司 […]

  • 2021年5月20日
  • 2021年8月25日

【匠のお持ち帰り】名門 匠 

日本料理の匠「名門 匠」吉田料理長によるテイクアウトメニューのご案内です。※金額は全て消費税込。 ①津山和牛ステーキカット全国の黒毛和牛のルーツと言われているつやま和牛。ご希望のサイズにお切りいたしま […]

>