帆立とヤングコーンの鹹蛋(シェンタン)炒め
シノワフジモリ

シノワフジモリ ホタテとヤングコーンのシェンタン炒め

帆立の出汁が食材全体に行き渡り、旨味を引き立てる。
新鮮なヤングコーンは、皮ごと火入れし、髭付きのまま炒める。
新鮮な野菜だからこそ味わえる旨味と髭の食感が面白い。

ポイントは鹹蛋(シェンタン)。

アヒルの卵の塩漬けを蒸したものを使用。
スターターの炒め物であっさりしているが、しょっぱい卵黄をまぶすことで炒め物にコクが生まれる。
帆立とヤングコーンの鹹蛋(シェンタン)炒めは、すっきりめの白ワインに合うと藤森シェフは言う。

シノワフジモリ 初夏の一品。

シノワフジモリ ホタテとヤングコーンのシェンタン炒め

>