TAG

寿司

  • 2021年5月12日
  • 2021年5月12日

寿し処 英 林 英則 店主

匠とは ときに新しいものを取り入れて飽きないようにお愉しみ頂く。 お客様には形式ばった高級感や堅苦しさを感じることなく ゆったりと時間と空間を体験いただきたい。 その為の確固たる基本の積み重ねと忠実さ […]

  • 2021年5月8日
  • 2021年5月8日

穴子のにぎり
すし みさわ

「うち来たらこの穴子食べてほしい」 と笑顔の三澤店主。 生きた穴子を仕入れて店内で割く。 秘伝の煮汁で時間をかけて炊きあげられた穴子は小骨まで柔らかい。 注文が入れば穴子に笹をかぶせて焼き台で蒸し焼き […]

  • 2021年5月8日
  • 2021年5月8日

すし みさわ 三澤孝行店主

匠とは こだわりの集まり ―技術にこだわり、食にこだわり、人のご縁にこだわり… 私の人生そのものが寿司の道 生まれたときから寿司があった 自分の人生だったら みなさんも色々こだわるでしょう? 父が寿司 […]

  • 2021年5月4日
  • 2021年5月4日

太刀魚にぎり
鮨葵

和歌山県有田産の太刀魚。 肉厚で食べごたえのあるプリッとした食感。白身ならではの淡白な味わい。大根おろしとポン酢でさっぱりと. 「有田は太刀魚の水揚げ量が日本一なんですよ。 脂がのった太刀魚を召し上が […]

  • 2021年5月4日
  • 2021年5月4日

鮨 葵 稲田潤大将

匠とは お客様が肩肘張らずに楽しく美味しく料理を味わって頂きたい 店の誰か一人が「匠」というわけでなく北新地という場所、店構え、食材ホール、寿司職人、全て揃ったところでお客様が美味しい、楽しいと感じる […]

  • 2021年5月2日
  • 2021年5月2日

穴子の土佐酢ジュレ
秀島

長崎県対馬産の穴子を生のまま店内で割く。 みょうが、きゅうり、かいわれ等の野菜はそれぞれが主張しながらも土佐酢ジュレと共に穴子の味を引き立てる。 華やかに彩られた穴子の風味を楽しんで 秀島 絢爛の一皿 […]

  • 2021年5月2日
  • 2021年5月2日

秀島 秀島 勝典大将

匠とは 盤石な基礎積み重ねた経験そのもの 基礎や経験の裏打ちが所謂「ばえる」料理や変わり種までも地に足ついたものにする 食材の四季折々状態の変化を目で見て、手で触れ、味見して魚がどういう状態になれば一 […]

  • 2021年4月25日
  • 2021年4月25日

蒸し鮑
鮓ゆうじろう

コースの中盤に出て来たのは蒸し鮑。 柔らかく、噛めば噛むほど旨みが溢れ出す。 鮑を引き立たせるのが、濃厚でクリーミーな鮑の肝ソース。 残ったソースに赤酢シャリを入れれば、極上のリゾットに。 鮓ゆうじろ […]

>