• 2021年1月11日
  • 2021年1月11日

パレットオードブル
北新地 黒猫

見ているだけで幸せになる魅惑のオードブル。まるでオードブルのダンスパーティー。本能のままに箸をのばして頂きたい。 ・自家製ハムとねぎのバターソテー見た目は焼き鳥だが内容はフレンチハムとねぎの相性が何と […]

  • 2021年1月11日
  • 2021年1月11日

北新地 黒猫 江口雄介シェフ

匠とは 自分がこれだと決めたものを貫き通す意志 なんぼでも楽しようと思えば楽に料理は出来る 既製品を使えばそれだけで人件費も減らせる じゃあなんで手作りするんだと言えば 「その方が美味しいから」 これ […]

  • 2021年1月10日
  • 2021年1月10日

前菜
器楽Dining π

個性的な信楽焼の器に魅了される品々。 バイ貝が海に浮かんでるかのような小皿。 国産鰻を乗せた器は岩のようにずっしりと、手にするものを感動させる。 長時間練られ、ごまの風味が特徴的な自家製味噌の加茂茄子 […]

  • 2021年1月10日
  • 2021年1月10日

器楽Dining π 野村幸代ママ

匠とは 料理を載せた瞬間 器は料理になる 載せたい料理をイメージして器を選ぶこともあれば 器に合わせて料理を作ることもある 私にとってはどちらも料理 お店にいらっしゃったお客様全員を 特別扱いして喜ん […]

  • 2021年1月8日
  • 2021年1月8日

ハイドレンジア
BAR 荻窪

店内に軽快なハードシェイクの音を響かせ荻窪マスターが表現したのはハイドレンジア(紫陽花) ジン・ヒプノティック・日本酒をベースとしフルーティーで甘くてさっぱりとした飲み口。 今の季節にぴったりの荻窪オ […]

  • 2021年1月8日
  • 2021年1月8日

BAR 荻窪 荻窪誠マスター

匠とは オールラウンダーかな 食に対しても技術に対しても接客に対しても 全て兼ね揃えた人。   酒だけじゃない。 酒だけだと嗜好品、プロが作れば同じ味になる。   それでも人が集まってくるのは 全てを […]

  • 2021年1月7日
  • 2021年1月7日

太刀魚にぎり
鮨葵

和歌山県有田産の太刀魚。 肉厚で食べごたえのあるプリッとした食感。白身ならではの淡白な味わい。大根おろしとポン酢でさっぱりと. 「有田は太刀魚の水揚げ量が日本一なんですよ。 脂がのった太刀魚を召し上が […]

  • 2021年1月7日
  • 2021年1月7日

鮨 葵 稲田潤大将

匠とは お客様が肩肘張らずに楽しく美味しく料理を味わって頂きたい 店の誰か一人が「匠」というわけでなく北新地という場所、店構え、食材ホール、寿司職人、全て揃ったところでお客様が美味しい、楽しいと感じる […]

>