AUTHOR

  • 2020年10月3日
  • 2020年10月3日

こはだにぎり
鮓処 写楽 大阪北第一店

本文内容 江戸前鮨の代名詞こはだ。秋のこはだは1匹でにぎり一貫分。 こだわるのは、こはだの旨みと酢の酸味のバランス。優しく握られたシャリとしっとり柔らかな身のこはだが調和し口中に広がり解けていく。 「 […]

  • 2020年9月25日
  • 2020年9月25日

日本料理なかむら 中村博幸店主

匠とは 常に最高の状態で最高の料理を出す 味も、仕上がりも、常に最高で同じであること むらを出さない お客様が美味しいと感じ、人を連れてきたときに 「前と違っているね」と言われないよう 日々積み重ね […]

  • 2020年9月9日
  • 2020年10月1日

新いかにぎり
寿し久保

墨いかの子供である新いかは体長5センチ。1杯で一貫。 舌の上を滑るようになめらかな食感。赤酢シャリ、煮切り醬油とのバランスが良く新いかの甘みを一層引き立てる。 「この時期しか食べられない江戸前鮨のネタ […]

  • 2020年8月25日
  • 2020年9月25日

国産和牛 ハラミ
やまがた屋

国産和牛のハラミ 脂を取り除きおいしいところを取り出す。 味付けはシンプルにシチリア岩塩。 生で食べられる極上のハラミを片面だけ焼く。 煙が出ると風味が変わってしまうから煙を出さないように焼く。 2通 […]

  • 2020年8月25日
  • 2020年9月25日

比内地鶏のつくね
焼鳥 市松

粗挽きの肉をペースト状にした肉で繋ぐ。 厳選した比内地鶏の肉だけで作られたつくね。 味付けは素材の良さを引き出す塩のみで十分。 串に使う野生の楠の枝は殺菌作用と香りをもたらす。 焼鳥は原始人が狩りで獲 […]

  • 2020年7月17日
  • 2020年8月5日

前菜
器楽Dining π

個性的な信楽焼の器に魅了される品々。 バイ貝が海に浮かんでるかのような小皿。 国産鰻を乗せた器は岩のようにずっしりと、手にするものを感動させる。 長時間練られ、ごまの風味が特徴的な自家製味噌の加茂茄子 […]

  • 2020年6月29日
  • 2020年7月19日

蒸し鮑
鮓ゆうじろう

コースの中盤に出て来たのは蒸し鮑。 柔らかく、噛めば噛むほど旨みが溢れ出す。 鮑を引き立たせるのが、濃厚でクリーミーな鮑の肝ソース。 残ったソースに赤酢シャリを入れれば、極上のリゾットに。 鮓ゆうじろ […]

  • 2020年6月8日
  • 2020年7月19日

ハイドレンジア
BAR 荻窪

店内に軽快なハードシェイクの音を響かせ荻窪マスターが表現したのはハイドレンジア(紫陽花) ジン・ヒプノティック・日本酒をベースとしフルーティーで甘くてさっぱりとした飲み口。 今の季節にぴったりの荻窪オ […]

>